アマチュアダブルス選手権(ペアの性別は問わず)

参加資格アマチュア男子、女子
使用ティー

男子レギュラーティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
女子ダブルス専用ティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。

定員各会場 20ペア(40名)
競技方法18ホールズ・ストロークプレー・スクラッチ競技
※2人それぞれの球をプレーし、いずれかの少ないスコアをそのホールのスコアとする
(フォアボール方式)
競技規則日本ゴルフ協会競技規則及び本競技ローカルルールに準拠
予選会選考各予選会、上位約15%〜20%はSpeeder Challenge全国決勝へ進出
順位決定予選タイの場合はマッチングスコアカード方式を採用
参加費1チーム 20,000円(税込)
プレー費詳細はこちら
記念品と賞品詳細はこちら

アマチュア一般シングル選手権(男・女)

参加資格アマチュア男子、女子
使用ティー男子バックティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
女子レギュラーティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
定員各会場 40〜50名
競技方法18ホールズ・ストロークプレー・スクラッチ競技
競技規則日本ゴルフ協会競技規則及び本競技ローカルルールに準拠
予選会選考各予選会、上位約15%〜20%はSpeeder Challenge全国決勝へ進出
順位決定予選タイの場合はマッチングスコアカード方式を採用
参加費10,000円(税込)
プレー費詳細はこちら
記念品と賞品詳細はこちら

ジュニアシングル選手権(男・女)

参加資格中学生・高校生の男子、女子
使用ティー男子バックティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
女子レギュラーティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
定員各会場 20〜30名
競技方法18ホールズ・ストロークプレー・スクラッチ競技
競技規則日本ゴルフ協会競技規則及び本競技ローカルルールに準拠
予選会選考各予選会、上位約15%〜20%はSpeeder Challenge全国決勝へ進出
順位決定予選タイの場合はマッチングスコアカード方式を採用
参加費6,000円(税込)
プレー費詳細はこちら
記念品と賞品詳細はこちら

プロ/研修生予選会(男・女)

参加資格
プロ及び研修生の男子、女子
使用ティー
男子バックティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
女子レギュラーティー ※各予選会ごとのカテゴリ別大会ヤーデージを参考ください。
定員各会場 40〜50名
競技方法18ホールズ・ストロークプレー・スクラッチ競技
競技規則日本ゴルフ協会競技規則及び本競技ローカルルールに準拠
予選会選考各予選会、上位約15%〜20%はSpeeder Challenge全国決勝へ進出
順位決定予選タイの場合はマッチングスコアカード方式を採用
参加費10,000円(税込)
プレー費詳細はこちら
予選会賞金当日参加人数の60%を賞金として還元

■競技規則

1.ゴルフ規則
2018年日本ゴルフ協会ゴルフ規則およびSpeeder Challenge大会ルールを適用する。競技規定に変更もしくは追加がある時は、競技委員会より、 開催当日のスタート前に全選手へ告知する。

2.シングルス競技部門
シングルス競技部門は2018年日本ゴルフ協会ゴルフ規則および下記の競技の条件、ローカルルールを適用する。
付属規則I(C)競技の条件

1.使用クラブおよび使用球の仕様
a.適合ドライバーヘッドリスト掲載の制限
b.公認球リスト掲載の制限
c.ワンボール条件の採用

3.ダブルス競技部門
ダブルス競技部門はSpeeder Challenge大会ルールおよび下記の競技の条件を適用する。
1.使用クラブ:「SLEルール適合外品(高反発クラブ)」「2010年新しい溝の規則に適合外品」を使用することができる。
2.使用ボール:「公認球リスト」「ワンボール条件」は採用しない。
3.その他の規則は2018年日本ゴルフ協会ゴルフ規則に順じて運用する。

4.距離計測機器の使用(規則4.3a(1))
距離計測機器(レーザー距離測定器、携帯ナビ使用可※距離のみを測定するもの)の使用を認める。プレーヤーは距離のみを計測する機器を使用することができる。 しかし、他の条件(例えば、標高変化、風速、傾􏰁など)を計測するために距離計測機器を使用した場合、プレーヤーは規則14-3の違反となり、2打の罰。その後、 さらに同じ違反(複数回違反)があった場合は、競技失格となる。
※距離計測器が他の条件(例えば、傾􏰁、風速、気温)を計測できる機能を持っている場合、その機能をOFF(使用できない状態)にして使用すること。
※距離計測機器を使用するためにプレーを不当に遅延させてはならない。

5.練習(規則5.5)
競技者はプレーを終えたばかりのホールのグリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならない。これに違反して練習ストロークをした場合、 競技者は次のホールで2打罰を加えなければならない。ただしそのラウンドの最終ホールのときは、競技者はそのホールで罰を受ける。但し、ハーフターンでの 待ち時間中に指定練習グリーンでのパッティング練習は可とする。※プレーを終えたばかりのグリーン上で球を転がすことも禁止する。

6.打順(ダブルス競技部門)
ダブルス選手権において、スタートホールにおいてのティーショットの打順は組み合わせ表どおりとなり、それ以降はその前のホールのスコアの良かったチームが オナーの権利を持つものとする。チーム内の打順についてはチーム内の任意とすることができる。

7.プレーの中断、プレーの再開(規則5.7)
競技委員会からのアナウンスとする。

8.不当の遅延;スロープレー(規則5.6)
ラウンド中は常にプレーファーストを心掛けてプレーしなければならない。また、ホールアウト後、次のティーインググランドからプレーするまでの間も、 プレーを不当に遅らせてはならない。ホールとホールの間の遅れは、次のホールのプレーの遅れとなり、罰は次のホールに適用される。違反は次の通り 競技委員会で定める。
「初回はその組に対して警告」
「2回目はその組の全選手に1打罰を付加」
「3回目はその組の全選手に2打罰を付加」とする。